いまさら聞けないゴルフあれこれ<その3>2016/3/12

こんにちは。 3月ですが、まだ寒いですね。 突然 雪景色に逆戻りの日も。

今回は雑学的なお話をしますね。
突然ですが、皆さん問題です。どのメーカーのどの種類のクラブにも、グリップの底面となる部分にチョコンと小さな”穴”が開いています。
この穴、『 何の穴 』だと思いますか?
パタークラブのこの”穴”にマーカーをぶっ挿してプレイしていませんか?  しかしこの”穴”はパターだけでなく、ドライバーにも、アイアンにも、ウッドにも、すべてのクラブに開いているのです。
P1010710

では、この「グリップの穴」は一体何のために開いているのでしょうか?

実はこの穴、「空気を逃がすため」の穴だそうです。クラブシャフトにグリップを装着する時、穴が開いていなければ、中の空気の逃げ場がなく押しても押してもグリップがシャフトに入っていきません。注射器を思い浮かべてみると分かりやすいですね。先端の針の穴をふさいでしまっては、中の空気が邪魔をしていくら押しても押せないですよね。これと同じ原理。注射器の針穴のような穴がグリップにも必要なのです。それが、この”穴”ということなのです。

グリップがついていないクラブなんてないですもんね!(^^)  だからパターに限らず全てのクラブグリップに穴が開いていたのです。な~るほど!!

ちなみに余談ですが、、、
グリップにロゴマークなどが印字されて凹凸していますよね。このクリップ上のロゴなどの深さが0.5mm以上になってしまうと規定違反になるようですよ。どのメーカーも違反しないように規定を守ってロゴを入れ製造しています。
それから、わざと目印にグリップを削ったり、凹ませたりはNG!! ルール違反となりますから気をつけてくださいね!

しかし、ツルツルなグリップは雨や汗などで滑りやすく、ミスショットにつながります。早めの交換をおすすめします。
【目安】
  1本 600円~1,000円(グリップのグレードとメーカーによって違います。)
  交換時間 10分~

・・・・・ということで!   
只今、系列店舗のゴルフパートナー山木戸サンライズ店では、期間限定にて
『グリップ交換キャンペーン』3月31日(木)まで実施中です。
6本以上ご購入にて10%OFF、1~5本ご購入で5%OFFと大変お得なキャンペーンとなっております。もちろん交換工賃は無料です。

どんなグリップに交換したらいいのかわからない?・・・・そんな時は、スタッフまでお気軽にお声掛けください。wink親切・丁寧にグリップ選びをお手伝いいたします。
是非、この機会に自分に合ったグリップをお選びください。

 

 

 

カテゴリー : おしらせ いまさら聞けないゴルフのあれこれ