いまさら聞けないゴルフあれこれ<その9>2016/9/29

フェアウェイウッドとユーティリティとスプーンの違い説明できますか?

フェアウェイウッドとユーティリティ、使い方は似たような感じだと思うのですが、どう違うのか分かりますか?
皆さんのキャディバックにはどちらかは必ず入っているかと思います。もしかして両方とも?

スプーンは3Wのことです。
1Wがドライバー、2Wがブラッシー、3Wがスプーン、4Wがバッフィー、5Wがクリーク ・ ・ ・ ・
フェアウェイウッドは飛距離重視で、高弾道でグリーンでも止まりやすいです。しかし、高く出るため風の影響を受けやすいのが弱点。

ユーティリティはフェアウェイウッドとロングアイアンの中間で、ロングアイアンは風の抵抗を受けにくいものの球が上がりにくく技術を要します。グリーンでも止まりにくいです。ロングアイアンのロフトはそれなりに立っていて、むずかしすぎて打てない人が多いようです。そんな人達にはユーティリティが必要になってきたとも考えられます。

最近のアイアンセットは5番アイアン~PWまでの6本セットで販売されているのをよく見かけます。
「必要なクラブは別に購入してください」ということなのでしょう。そう考えるとユーティリティやクリーク(5W)などは必要不可欠なゴルフクラブになってきていますね。

私もゴルフを初めた頃に知人からお下がりのクラブをセットでいただきました。初心者はクラブが自分にあっているかどうかなんて考える余裕なんてありません。と言うより分からないのです。こんな状況でコースに出て使っていましたから案の定、何時までたってもスコアは良くなりっこありませんよね!
スコアアップさせるには自分にあったいい道具を使うことではないでしょうか!
ゴルフショップで試打するのも大切な事なんですね!!
 

 

カテゴリー : おしらせ いまさら聞けないゴルフのあれこれ